模倣と個性

手本を本気で真似よう真似ようとして、どんどん個性をなくしていって、それでも出てしまうのが自分の個性

by 書道家 柿沼康二

RELATED POSTS