投稿フォーマットを有効化&ラベルの名称を変更する/WordPress

投稿フォーマットを有効化&ラベルの名称を変更する/WordPress

僕がWordPressで投稿フォーマットを有効化する時は、以下のことが目的のことが多いです。

・投稿フォーマットごとにデザイン(CSS)を変更する時
・スライター設置時にスライダーに掲載する記事とする時

その他にもアイデア次第で色々なことに活用できるかと思います。
信じるか信じないかは、あなた次第!ww

利用できる投稿フォーマット

aside(アサイド)

通常タイトルなしで表示。Facebook の Notes のようなもの。

gallery(ギャラリー)

画像ギャラリー。ギャラリーショートコードと添付画像を含む投稿など。

image(画像)

単独の画像。投稿本文内の最初の <img /> タグが画像と見なされる。もし投稿本文が URL のみの場合はそれが動画 URL となり、投稿タイトル (post_title) が画像の title 属性となる。

link(リンク)

他サイトへのリンク。投稿本文内の一つ目の <a href=””> タグがその投稿の外部リンクと見なされる。もし投稿本文が URL のみの場合はその URL が外部リンクとなり、投稿タイトル (post_title) が名前となる。

quote(引用)

引用文。引用文と引用元のテキストエリアを設けるのが望ましい。引用文は <blockquote>$quote_wrapped_with_paragraphs<p><cite>$citation</cite></p></blockquote> として post_content に保存すること。

status(ステータス)

通常140程度の短い近況アップデート。Twitter のツイートのようなもの。

video(動画)

単独の動画、または動画のプレイリスト。投稿本文内の最初の <video /> タグまたは object/embed が動画と見なされる。もし投稿本文が URL のみの場合は、それが動画 URL となる。

audio(音声)

音声ファイル、またはプレイリスト。ポッドキャストにも使える。chat(チャット) チャット履歴。例えば以下のようなもの。

投稿フォーマット – WordPress Codex 日本語版

 

投稿フォーマットを有効化

以下のコードを「functions.php」に追加すると「アサイド」が使用できるようになります。
これにより投稿画面のフォーマット欄に「標準」「アサイド」が表示されるようになります。

結果

投稿フォーマットを有効化&ラベルの名称を変更する/WordPress

 

投稿フォーマットのラベル名称を変更する

投稿画面のフォーマット欄に表示されている文言「アサイド」を「スラダーに掲載する記事」へと変更します。

結果

投稿フォーマットを有効化&ラベルの名称を変更する/WordPress

 

RELATED POSTS