WordPress post_class()に任意の独自クラスを追加する方法

WordPressのループ内でほぼほぼ使うpost_class()
実際には以下のように書くことが多い。

このpost_class()が出力する値は以下のもの。

  • post-(投稿 ID)
  • post または attachment または カスタム投稿タイプ
  • type-カスタム投稿タイプ
  • status-公開状態
  • format-standard または format-ページのフォーマット名
  • post-password-required (パスワード保護されている)
  • has-post-thumbnail (アイキャッチ画像付き)
  • sticky (先頭に固定表示)
  • hentry (hAtom microformat との互換性を持たせる)
  • category-カテゴリーのスラッグ または category-(カテゴリー ID)
  • tag-投稿タグのスラッグ または tag-(投稿タグ ID)

これはこれで便利なんだけど、Bootstrapなんかでテーマを作っているとcol-12なんかをスマートに入れたい!
と、いうことでpost_class()に任意の独自クラスを追加する方法をメモ。

post_class()に任意の独自クラスを追加する記述

一つだけ追加の時

複数追加する時①

クラス名の間を半角スペースで空けて入力

複数追加する時②

RELATED POSTS